通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

バルトレックスの効果効能

バルトレックスは単純ヘルペスウイルス1型(口唇ヘルペス)、単純ヘルペスウイルス2型(性器ヘルペス)、帯状疱疹、水疱などウイルスによる症状に対して、治療を行う薬になっています。
ヘルペスウイルスに感染してしまいますと、ウイルスが皮膚や粘膜に水ぶくれ、発疹、ピリピリとした痛みなどが出るので、ウイルスの少ない発病初期にバルトレックスを用いることによって効果が期待できます。
バルトレックスでウイルスの増殖を抑制 ウイルスはDNAの複製を行うことで細胞増殖します。
このDNA複製は酵素が関与されていて、この酵素のことをDNAポリメラーゼと言います。
このバルトレックスの主成分であるバラシクロビルの働きによって、ウイルスのDNAの複製を阻害することでウイルスの増殖を抑制することができるという訳です。
バラシクロビルはヘルペスウイルスに作用効果があり代表的な感染症を挙げると単純疱疹(口唇ヘルペス、性器ヘルペス)、帯状疱疹、水疱瘡があります。

性器ヘルペスが再発した場合は?

性器ヘルペスの原因である単純ヘルペスウイルスは神経節に潜んでいるので、一度症状が治ったとしても再発される確率はおよそ1年以内に約80%です。
バルトレックスは再発を抑制させる効果があります。

初発

初めて性器ヘルペスに感染して症状が現れたこと。

再発

感染時に無症状で、免疫能によって抑えられていたヘルペスウイルスが、再活性化することで、自覚症状が現れることを指します。

症状 服用方法 服用期間
初発の治療 バルトレックス500mg(2錠)服用 5日~10日
再発の治療 バルトレックス500mg(2錠)服用 5日~10日
再発抑制治療 1日1回、バルトレックス500mg(1錠)服用 2ヶ月~1年間

また、再発と再発抑制の違いとしては、再発の頻度が目安として年6回以上の人は再発抑制の治療を行うといいでしょう。
あくまで抑制なので、完全にヘルペスウイルスを取り除くことは現時点では、方法はありませんが、再発を繰り返すことで症状が和らいできます。
しかし、再発にならないためにも症状の発覚が早いほど治療を早期に行えば症状が軽くすむので、回復も早くなります。

症状別バルトレックスの正しい服用方法

ヘルペスウイルスによる症状によって服用が異なります。
バルトレックスは決められた日数で正しい飲むことで効果が発揮されます。
症状別の服用方法は以下の通りです。

症状 服用方法 服用期間
口唇ヘルペス 1日2回、バルトレックス500mg(1錠)服用 5日
帯状疱疹 1日3回、バルトレックス1000mg(2錠)服用 7日
水疱瘡 1日3回、バルトレックス1000mg(1錠)服用 5日

以上に関しては、症状によって服用量が異なりますので使用される際は、医師または薬剤師の指示に従い正しく使用してください。
また服用するタイミングですが、基本的にバルトレックスは食事の影響を受けることはありませんが、飲み忘れや消化の負担のことを考えると食後が最適でしょう。
服用するときには水やぬるま湯の水と一緒に飲みましょう。
もし飲み忘れをした場合は、すぐに1回分を服用してください。
次の服用する時間が近いときには飲まずに、その後は通常のサイクルで服用しましょう。
飲み忘れによる、自己判断で2回分を一度に服用するのは禁止です。

小児による服用は大丈夫?

大人が罹る印象があるヘルペスですが、小児でもヘルペスウイルスに感染することはあります。
水疱瘡に罹る割合で約90%はおよそ10歳までの小児に発症します。
ヘルペスウイルスにはバルトレックスが効きますが、主に小児によるバルトレックス服用は可能です。
しかし、使用条件としては体重が40kg以上の小児は大人と同じ量を服用できます。
小児によるバルトレックスの服用について 該当しない小児は推奨されていないので、体重が40kg未満でも服用可能な(バルトレックス顆粒50%)を服用しましょう。(詳しくは添付文書をご覧ください)
小児科か皮膚科で迷うと思いますが、最初は小児科を受診しましょう。
小児科の先生は子供が発症する病気を幅広い範囲で対応しなければいけないので、ヘルペスウイルスに感染した場合は小児科に相談しましょう。

バルトレックスは病院で処方してくれるの?

病院でのヘルペスウイルス治療はバルトレックスが主流になっています。
バルトレックスは保険が適応されますが、具体的にいくらかかるのか知りたいところです。
バルトレックス錠500mg)を例に、1錠あたりの薬の価格を見てみましょう。

保険適応
『1錠あたりの価格』×3割(保険の負担分)=405円(2017年現在)
保険適応外
550円(当時の1錠あたりの薬価)÷0.3=1833円『1錠あたりの価格』

保険適応外の当時は1錠1800円と手に出しづらい値段でした。
病院では薬価の他にも様々な料金がかかるので、ご紹介します。

調剤料

病院で内服薬等を処方、又は調剤を行った場合に発生される費用のこと。

処方箋料

処方箋発行時に発生する費用のこと。

調剤技術料

薬剤師が調剤を安全に管理するための費用のこと。

その他にも薬学管理料など、病院や薬局によっては費用が発生する場合があります。

個人輸入で安くバルトレックスを入手する!

バルトレックスは保険適応されますが、症状が発症されておらず薬を手に入れるのは保険が適応されません。
ヘルペスウイルスは再発しやすいので、症状が治まったとしても再発した時にバルトレックスが手元になければ病院に行き、処方してもらうしかありません。
その際には、調剤料、処方箋料、調剤技術料等がかかり中には病院までの交通費等も掛かってしまいます。
口唇ヘルペス)の症状で例に出すと以下の計算が成り立ちます。

計算例
バルトレックス2錠(1日)×405円(1錠の値段)÷0.3(健康保険負担)=2700円

1日の薬価で計算すると2700円かかり、5日間だと13500円と高額になります。
先ほども言いましたが、病院の場合だと症状によって処方量が限定されます。
少しでも安くすませる方法として、最近ではバルトレックスを個人輸入代行サービスのある通販で購入される方が増えているようです。
海外からの個人輸入は手間がかかり、初心者にはハードルが高いので代行サービスのある通販で購入するのが安心ですし、ヘルペスの再発を防ぐためにはウイルスを徹底的に排除する必要があり長期的に服用する場合があるので、費用のことを考えると通販で購入したほうがいいでしょう。
通販サイトだと診察料や処方箋料など、一切かからないので病院に行くよりも安く手に入るのが最大のメリットと言えるでしょう。

バルトレックス服用時の注意点

バルトレックスを服用する際には注意点があります。
小児などは錠剤が苦手な子もいますがバルトレックスは苦みを防ぐためにコーティングをしているので、錠剤をつぶさずに服用してください。
どうしても飲みづらい場合は水を多めに1錠ずつ飲むといいでしょう。
バルトレックスの錠剤は比較的大きいので、どうしても飲めない場合は、苦味が出ますが割って飲むことも可能です。
また、過去にバルトレックス(バラシクロビル)、アシクロビルで過剰に反応を経験したことがある人は厳禁なので、絶対に使用しないでください。
腎臓に障害がある方や高齢の方はバルトレックスを服用するときには注意が必要なので、不安な場合は医師や薬剤師などに相談しましょう。
バルトレックス服用時の副作用 バルトレックスは比較的副作用の少ないお薬となっていまが、発疹、下痢、めまい、かゆみ、吐き気、頭痛、眠気といった症状が出るようです。
また、稀な副作用としては、痙攣(けいれん)、アナフィラキシー、間質性肺炎、急性腎不全のような重たい副作用を伴うことがあるようです。
その場合には、速やかに医療機関を受診し適切な処置を受けてください。

ヘルペスや帯状疱疹治療にバルトレックス

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。