通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

バラシクロビルとアシクロビルの違いを知ろう

バラシクロビルはバルトレックスという薬の成分で、アシクロビルはゾビラックスという薬の成分です。
バルトレックスにもゾビラックスにもヘルペスウィルスの増殖を抑える働きがあり、単純疱疹や帯状疱疹、水疱瘡、性器ヘルペス、口唇ヘルペスなどの治療に用いられています。
これらはヘルペスウィルスに感染することによって起こる病気です。
ヘルペスウィルスは皮膚や粘膜などに水膨れを起こすのが特徴で、かゆみや痛みを伴うこともあります。

成分と効果効能の違い

単純疱疹や帯状疱疹、水疱瘡、性器ヘルペス、口唇ヘルペスなどの治療薬として、元々用いられていたのは有効成分のアシクロビルを含むゾビラックスでした。
ゾビラックスはヘルペスウィルスの増殖を抑える効果が高く、比較的副作用が少ないというメリットがあります。
しかし、服用回数が多いという欠点がありました。
その欠点を解消するために改良されたのが、バラシクロビルを有効成分とするバルトレックスです。
バラシクロビルは、アシクロビルにL‐バリンという物質を結合させることで出来ています。
バラシクロビルとアシクロビルの有効成分の化学構造図
有効成分の化学構造を変化させることによって、吸収効率を高めることができました。
バラシクロビルは体内に吸収された後、肝臓で代謝されアシクロビルの形になります。
そして、アシクロビルとして効果を発揮するので、バルトレックス(バラシクロビル)もゾビラックス(アシクロビル)も薬としての作用は全く同じです。
バルトレックス(バラシクロビル)の方がゾビラックス(アシクロビル)よりも作用時間が長いので、服用回数が少なくて済みます。

バラシクロビルとアシクロビルの服用方法の違い

バルトレックス(バラシクロビル)は、経口で服用する薬です。
服用回数は多くはなく、1日に1回から3回程度の服用でその効果を発揮してくれます。
ゾビラックス(アシクロビル)にはバルトレックス(バラシクロビル)と同様に一般的な経口薬もありますが、軟膏眼軟膏、クリームなどの塗り薬注射点滴剤などのタイプもあります。
経口薬には、錠剤顆粒などの種類があります。
経口薬として使用する場合には、1日に5回程度の服用が必要になります。
服用回数が多いので、忘れずにきちんと決められた回数を飲むことが重要です。
バラシクロビルとアシクロビルの1日の服用量
それから、経口薬の錠剤や顆粒では多くの場合、効果や効能が同じで、使用方法も異なりません。
しかし、ゾビラックス(アシクロビル)の場合には、錠剤と顆粒で適応症が異なります。
小児の水疱瘡の適応は、顆粒のみとなっているので注意が必要です。
バルトレックス(バラシクロビル)に塗り薬や注射のタイプがないのは、消化管からの吸収を考慮する必要がないためです。
そのため、ヘルペスウィルスによって引き起こされる脳炎や髄膜炎の治療には、注射剤のゾビラックス(アシクロビル)が用いられます。
また、角膜炎にはゾビラックス(アシクロビル)の眼軟膏を使う必要があります。
バルトレックス(バラシクロビル)もゾビラックス(アシクロビル)もヘルペスウィルスの増殖を抑える働きがある薬なので、発病してすぐのできるだけ早い段階で使用するのが最も効果的と言われています。
これは、発病直後が一番活発にヘルペスウィルスが増殖するからです。
それとは逆に、発症から時間が経つとウィルスはすでに増殖してしまっているので、薬を服用しても効果が得られにくくなってしまいます。
これらの治療薬は、帯状疱疹の場合は発症してから5日以内に使い始めるのが良いとされています。
また、水疱瘡の場合には、発症してから2日以内に使い始めるのが良いとされています。
また、他の薬と併用すると副作用が出やすくなる場合もあります。

価格の違い

バルトレックス(バラシクロビル)の方が、ゾビラックス(アシクロビル)よりも価格は高くなっています。
単純疱疹を例に、バルトレックス(バラシクロビル)とゾビラックス(アシクロビル)の価格を見ていきましょう。

  1錠あたり薬価 服用回数(単純疱疹の場合)
バルトレックス(バラシクロビル) 約405.6円(2017年現在) バルトレックス500mgを1日2回服用
ゾビラックス(アシクロビル) 約221.8円(2017年現在) ゾビラックス200mgを1日5回服用

これらの価格は、製薬メーカーが決めているからではなく、それぞれの病院や薬局が価格を決めているので、診察を受けた病院によって価格は異なります。

安く入手するなら病院よりも通販!

バルトレックスやゾビラックスはヘルペスウィルスの増殖を抑える薬なので、発症してからできるだけ早い段階で服用することが大切です。
ヘルペスウィルスの増殖がまだ進まない早期に服用を始めれば、服用する期間を短くすることができます。
症状が現れてから病院を予約したりしていると、そのうちにウィルスが増えてしまうこともあります。
すると、長い期間、薬を服用しなければいけなくなる場合もあります。
特に普段仕事を持っている人の場合には、都合がつかずになかなか休めないなどすぐに病院に行けない場合もあります。
そういった時に通販サイトでヘルペスの治療薬を常備しておくと、すぐに薬を服用できて早い段階でウィルスに対処することが可能です。
結果的に薬は短い期間の服用で済むので、トータルにかかる薬の費用を安く抑えることができます。
また、病院では症状が出ていないときには処方してもらうことができません。
保険適用外で購入すると、非常に高くなってしまいます。
症状が出ている時でも処方される日数は決まっているので、余分に処方してもらうことはできませんし、長引いたらもう一度病院を訪れる必要があります。
通販であれば再発した時のために備えておけるので、とても安心です。

ヘルペスや帯状疱疹治療にバルトレックス

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。