通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

バラシクロビルの添付文書について

バラシクロビルの添付文書を見つめる女性バラシクロビルは抗ウイルス薬のひとつで、ヘルペスウイルスの増殖を抑える作用があります。
添付文書には効能として、単純疱疹や帯状疱疹、水痘や性器ヘルペスの再発抑制などが挙げられています。
これらはいずれもヘルペスウイルスによって引き起こされる症状です。
バラシクロビルはウイルスのDNA複製に必要な酵素の働きを阻害します。
人間のDNA複製には影響せず、ヘルペスウイルスだけを抑えるのが特徴です。
ただし症状が出なくなっても、ヘルペスウイルスは体内から完全に消えるわけではありません。
性器ヘルペスの感染を予防する効果はありますが、服用中でもリスクがゼロにはならないため、添付文書ではコンドームの着用を推奨しています。
バラシクロビルは同種の薬よりも吸収されやすく、それだけ効果も高い反面、副作用も出やすいため注意が必要です。
腎障害を持つ人や高齢者の服用には、特に気をつけなければなりません。
また胎児に影響を及ぼす可能性があるため、妊婦への投与は基本的に避けることとされています。
バラシクロビル服用中に妊娠した場合、安全性の保証はありません。
さらに乳汁に成分が出てくることもあるため、授乳中の服用は慎重に行なう必要があります。
バラシクロビルの重大な副作用として、添付文書にはアナフィラキシーショックや血球・血小板の減少、急性腎不全、てんかんや幻覚などの精神神経症状が挙げられています。
また無呼吸、肝機能障害、過敏症による発疹などが見られることもあります。
かつて過敏症が出たことのある患者には禁忌となります。
副作用の頻度は明確にはなっていませんが、異常がある場合にはすぐに服用を中止し、医師の処置を受けなければなりません。


バラシクロビルを製造した製薬会社


バラシクロビルは抗ウイルス剤に分類される薬で、ヘルペスウイルスの増殖を抑えるほか、単純疱疹や帯状疱疹、水ぼうそうなどの症状にも効果的です。
バラシクロビルは「バラシクロビル塩酸塩」が正式名称で、イギリスに本社を置く製薬会社グラクソ・スミスクラインにより製造・販売されています。
グラクソ・スミスクラインは世界でもトップクラスの売上と規模を誇るグローバルな製薬会社で、日本にもグラクソ・スミスクライン株式会社が現地法人として存在します。
抗ウイルス薬以外にも、気管支喘息治療薬やうつ病等に有効なSSRIなど、様々な薬を製造した事で知られる製薬会社です。
ヘルペスウイルスは皮膚や粘膜に水ぶくれを作るウイルスで、細菌より小さく、人間を含む他の生物の細胞を利用して増殖します。
ウイルスが活動しだすと、時間と増殖し症状が悪化していくため、ウイルスの少ない発症初期に治療薬を使うのが効果的です。
バラシクロビルはこのヘルペスウイルスの増殖を抑えてくれるので、抗ウイルス剤に用いられます。
服用方法としては、診察を受けてなるべく早いうちに服用を開始するのが重要です。
早期服用であればあるほど、高い効果を発揮する薬です。
症状が治まった後も、指示された期間は服用を続ける必要があり、症状によっては長期間の服用を行う必要があります。
ウイルスは活動を抑えても死滅したわけではないので、薬の服用を途中で止めてしまうと、症状が再燃する可能性も考えられます。
ヘルペスウイルスの中でも口唇や性器で症状を引き起こす単純ヘルペスウイルスは、未だ根治させる特効薬がないため、一度治癒しても再び身体の抵抗力が低下した時に再発する事が珍しくなく、その時は早めにバラシクロビルなどの抗ウイルス薬をする事をおすすめします。

シェアのほうお願いします!

バルトレックスでヘルペスや帯状疱疹を治療

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。