通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

バルトレックスで帯状疱疹を治そう

帯状疱疹の症状にはバルトレックス
帯状疱疹は、水ぼうそうのウィルスが原因でおこる皮膚疾患の感染症です。
子供のころ水ぼうそうになり症状が治まった後も、ウィルスは三叉神経、脊髄神経の中に遺伝子の形として残っています。
ストレスや疲労、病気の手術、高齢化などで身体の免疫機能が低下した時に、ウィルスが遺伝子型からウィルスの粒に変化して神経に伝わり皮膚疾患をおこします。
帯状疱疹の主な症状は、発疹のでる数日前から ピリピリとした痛みなど、違和感を感じます
数日後に発疹がしだいにはっきりしてきて、痛みが激痛に変化します。
その痛さは針でさされたような、火であぶられたようななど、耐えがたい痛みと表現されています。
やがて皮膚表面の発疹が治っても、痛みだけは残ることがあります。
これは、帯状疱疹後の神経痛とよばれる後遺症になります。
高齢者や免疫力の弱い人に多くあらわれる症状です。


バルトレックスは病院で処方してくれる?


バルトレックスは抗ヘルペス(帯状疱疹)ウィルス薬で、水ぼうそうのウィルスが増殖することを防ぐ役目をします。
完治してウィルスを殺すことは難しいため、ウィルスの増殖を抑えることが一番効果的な治療法になります。
そのため症状がでたらできるだけ早いうちに、バルトレックスを服用することで大事にいたることはありません。
帯状疱疹の発症から5日以内にバルトレックスを服用すると、自然治治癒して後遺症の痛みが残ることもありません。
症状があらわれてウィルスの増殖を終えた後では、バルトレックスの効き目をあまり感じられず治るまで期間を要します。
最初の服用のタイミングを逃すことで、完治までの多くの時間を費やすことになってしまいます。
発疹の傷跡が大きくなって残ってしまうこともあるため、早期服用が再発を未然に防ぎ傷跡を残さないことにもなります。
バルトレックスは処方箋薬で、病院での受診で帯状疱疹が認められなければ手に入れることはできません。
また初期段の発疹があらわれていない場合は、処方されないこともあります。
ヘルペス特有の水ほうがあらわれてからでないと、保険適用価格で入手することができません。
この医薬品は保険適用価格でもかなり高い薬価のため、個人輸入サイトで購入することができます。
個人輸入サイトは処方なしで、かなりお得な価格で購入できます。
一刻も早い服用には、常に常備薬として手もとにあると一番安心です。
服用には身体への吸収率を高める処理がしてあるため、空腹時に服用すると胃をあらしてしまいます。
そのため食後の服用をおすすめします。

ヘルペスや帯状疱疹治療にバルトレックス

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。