通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

バルトレックスで水疱瘡を治そう

バルトレックスで水疱瘡を治して喜ぶ女性水疱瘡とは、赤い水疱の発疹が全身に出て、37~39℃の発熱、食欲の低下、頭痛などの症状が出ます。
感染するまでには潜伏期間が約10~21日あり、この期間にウイルスが体内に潜入し症状を発症するまでの期間となります。
その後、小さな発疹ができ徐々に全身に赤い水疱がたくさん出ます。
この原因となるのがヘルペスウイルスです。
ウイルスを持っている方と接触するとツバなどの飛沫感染、空気感染やウイルスが付着している皮膚やドアなどに触れてしまう場合に感染してしまいます。
感染を防ぐには事前に予防接種をして予防するしかありません。
予防接種は1歳から受けることができますので、集団行動を行う保育園、幼稚園の入園前に済ませておくとよろしいです。
水疱瘡は子供の頃に感染するのは、症状がまだ軽くすみますが、大人になってから感染すると重症になることが多いようです。
水疱瘡に感染したことのない方は、予防接種を受けられることをお勧めします。

感染した際に効果的なのが、塩酸バラシクロビルという成分を含んだバルトレックスとい治療薬です。
発疹ができ始める2日以内にバルトレックスを服用することで発熱、発疹を抑えることができ、ウイルスの増殖を抑えることができ発疹やかさぶたになるまでの時間を短くすることができます。
しかし、発疹が出てから2~3日経過してからバルトレックスを服用しても、あまり効果は期待できません。
そのためにも、感染に気がついた時点で医療機関を受診されことをお勧めします。
また、感染後は全ての水ぶくれがかさぶたになるまでの1週間から10日間は、周りにうつしてしまう可能性があるので注意しください。
水疱瘡が周りで流行している際は、感染している方との接触に注意し感染した際は早めに治療を受けられことをお勧めします。


口唇ヘルペスができやすい人

口唇ヘルペスは日本では10人に1人が感染したことがあると推計されています。
20~30代の約半数の感染したことがあり、年齢が高くなるにつれてほとんどの方が感染したことがあるようです。
その原因としては、「単純ヘルペスウイルス」です。
このウイルスは、最初に感染した後に免疫力ができても体力の低下や外傷ができたところに再発を繰り返します。
主に唇や口のまわりに小さな水疱ができます。
口唇ヘルペスの感染は家族間での接触感染が最も多いと言われています。
家族間の感染を防ぐためにも、患部には極力触れないことや患部を触った時は直ぐに手洗いをすること、感染時に使用したタオルなどは共有しないようにしてください。

感染しやすい方の特徴をまとめましたので参考になさってください。
大人の口唇ヘルペスは男性よりも女性の方が多いようです。
また、風邪をひき発熱を伴った場合や強い日差しに当たった後、胃腸障害、疲労、ストレス、外傷、老化や抵抗力・免疫力が落ちている場合にヘルペスが出やすくなるようです。

口唇ヘルペスの感染を繰り返さないためにも、日頃からバランスのよい食事や十分な睡眠を取るようにしてください。

ヘルペスや帯状疱疹治療にバルトレックス

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。