通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

バルトレックスで水疱瘡を治そう

水疱瘡の症状にはバルトレックス
水疱瘡とは、赤い水疱の発疹が全身に出て、37~39℃の発熱、食欲の低下、頭痛などの症状が出ます。
感染するまでには潜伏期間が約10~21日あり、この期間にウイルスが体内に潜入し症状を発症するまでの期間となります。
その後、小さな発疹ができ徐々に全身に赤い水疱がたくさん出ます。
この原因となるのがヘルペスウイルスです。
ウイルスを持っている方と接触するとツバなどの飛沫感染、空気感染やウイルスが付着している皮膚やドアなどに触れてしまう場合に感染してしまいます。
感染を防ぐには事前に予防接種をして予防するしかありません。
予防接種は1歳から受けることができますので、集団行動を行う保育園、幼稚園の入園前に済ませておくとよろしいです。
水疱瘡は子供の頃に感染するのは、症状がまだ軽くすみますが、大人になってから感染すると重症になることが多いようです。
水疱瘡に感染したことのない方は、予防接種を受けられることをお勧めします。

水疱瘡の治療にはバルトレックス
感染した際に効果的なのが、塩酸バラシクロビルという成分を含んだバルトレックスという治療薬です。
発疹ができ始める2日以内にバルトレックスを服用することで発熱、発疹を抑えることができ、ウイルスの増殖を抑えることができ発疹やかさぶたになるまでの時間を短くすることができます。
しかし、発疹が出てから2~3日経過してからバルトレックスを服用しても、あまり効果は期待できません。
そのためにも、感染に気がついた時点で医療機関を受診されことをお勧めします。
また、感染後は全ての水ぶくれがかさぶたになるまでの1週間から10日間は、周りにうつしてしまう可能性があります。
さらに、水疱瘡は大人にうつる可能性があり、小さい子供がいる家庭では子供との接触により感染することがあるので注意してください。
水疱瘡が周りで流行している際は、感染している方との接触に注意し感染した際は早めに治療を受けられことをお勧めします。

バルトレックスの用法容量(水疱瘡)

病院で、バルトレックスを処方された場合の処方量はバルトレックス1000mgを1日3錠の5日~7日間分(合計15錠~21錠)です。
大人と子供(体重が40kg以上)とでは服用量は同じですが、服用する期間が成人は約5日から7日間に対して、小児は約5日間が推奨されています。
体重が40kg未満の子供は飲みやすい、顆粒タイプのバルトレックスがあるので、体重に応じて服用しましょう。

バルトレックス顆粒を小児に飲ませる方法

主に9歳以下に多く見られるのが水疱瘡の特徴ですが、もし感染してしまったらバルトレックスを使って治療を行いますが、錠剤タイプのバルトレックスは体重40kg未満の小児には推奨されていません。
錠剤タイプを飲めない小児には顆粒タイプのバルトレックスを使用するといいでしょう。
顆粒タイプのバルトレックスは錠剤タイプと同じ効果があり、小児でも飲みやすいほどの小ささが特徴です。
バルトレックス顆粒は水と共に飲むのが推奨されていますが、中には薬が苦手な子供もいると思います。
そんな薬が苦手な子供には、ゼリー状のオブラートやヨーグルト、アイスクリームなどと混ぜて飲ませる方法があります。
バルトレックスは比較的、飲み物との相性に問題がないとされているので、薬の苦手な子供でも飲みやすい薬とされています。
また、飲み物と混ぜる場合は時間が経つとバルトレックスの苦味が出ることがあるので、混ぜた後にすぐ飲むといいでしょう。

シェアのほうお願いします!

バルトレックスでヘルペスや帯状疱疹を治療

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。