通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

バルトレックスと飲み合わせに注意すべき薬

ヘルペスウイルスに効果があるバルトレックスは副作用が比較的少ないですが、飲み合わせ(併用)に注意しなければ、副作用が現れたり、バルトレックスの効果が半減されることもあるので、事前に知ることが重要です。
ドラックストアでよく使われる薬から病院の処方薬と、バルトレックスとの飲み合わせは問題ないのか、ご紹介していきます。 バルトレックスとの併用に注意すべき薬

解熱鎮痛剤

多くの人が悩んでいる頭痛の症状には解熱鎮痛剤(NSAIDs)を使って治す人が多いと思います。
また、頭痛だけでなく腰痛や肩こりなどにも効果があります。
解熱鎮痛剤にはボルタレン、バファリン、ロキソニン、イブプロフェンなど挙げられますが、基本的にバルトレックスと併用しても問題はありません
しかし、注意点があり水疱瘡の症状がでている時は使用できません。
水疱瘡が発症中にNSAIDsに含まれているサリチル酸系(アスピリンなど)を服用すると「ライ症候群」という急性脳症や肝臓への脂肪浸潤を起こして、命にもかかわる重大な病気です。
このライ症候群は小児が発症する確率が高いので、水疱瘡の治療にバルトレックスを服用しているときにはサリチル酸系の解熱鎮痛剤を使用するのは禁忌です。
また、NSAIDsには胃腸や腎臓の負担がかかります。
バルトレックスも同様に胃腸や腎臓に負担がかかるので、消化器系に不安がある人は注意しましょう。

風邪薬

風邪の症状が現れた場合、病院で処方したり、市販の薬で治す人が多いと思います。
主に風邪薬では、市販薬にパブロンエースが有名ですが、風邪薬とバルトレックスとの飲み合わせに問題はありません

花粉症の薬

花粉症の人にとってはシーズンに花粉症の薬(抗アレルギー薬)を使って、対策をする人が多いと思います。
主に花粉症の治療薬にはアレグラザイザルなど挙げられますが、バルトレックスと花粉症の薬との飲み合わせは問題なく、効果が落ちることもありません。
花粉症とヘルペスウイルスが同時期にかかった場合、バルトレックスと抗ヒスタミン薬を併用するのは可能です

抗菌薬

扁桃炎、肺炎、クラジミアなど細菌感染症の治療に用いられる抗菌薬です。
抗菌薬にはいくつか種類がありますが有名な抗菌薬にクラビットクラリスなどがあります。
バルトレックスと抗菌薬との併用は基本的には問題ありません
正し、クラビットやクラリスは吐き気などの副作用があるので注意が必要です。

経口避妊薬(ピル)

女性で避妊効果や生理痛の改善に用いられるのがピルです。
国内でよく使われているのがトリキュラーですが、ピルとバルトレックスの併用は基本的に問題ありません
しかし、注意点としてはトリキュラーの副作用に吐き気の症状が起こる場合があります。
バルトレックスも同様に吐き気など胃腸の症状が起こるので注意が必要です。

バルトレックスと併用に注意すべき薬剤

プロベネシド

プロベネシド(商品名・ベネシッド)は尿酸排泄促進薬の一つで、主に高尿酸値症や痛風の治療に用いられます。
プロベネシドは尿細管分泌であるOAT1やMATE1を阻害することで、アシクロビルの血中濃度が上がります。
バルトレックスを併用すると副作用の確率が高まるので、併用は注意です。

シメチジン

シメチジン(商品名・タガメット)はヒスタミンH2受容体拮抗薬の一つで、主に胃潰瘍や逆流性食道炎、十二指腸潰瘍など、胃の症状に用いられる胃酸抑制薬です。
シメチジンは尿細管分泌であるOAT1やMATE1やMATE2-Kを阻害することで、アシクロビルの血中濃度が上がります。
シメチジンはプロベネシドと比べると血中濃度が高くなりにくいですが、併用により副作用の確率が高まるので、なるべく併用は避けた方がいいでしょう。

バルトレックスと併用に注意すべき薬剤

ミコフェノール酸モフェチル

ミコフェノール酸モフェチル(商品名・セルセプト)は免疫抑制薬の一つで、主に腎移植後の難治性拒絶反応の治療に用いられます。
バルトレックスと併用することで、互いに排泄が抑制され、血中濃度が上がります。
併用によって腎臓機能に影響がでる可能性があるので、高齢者などは医師に相談しましょう。

テオフィリン

テオフィリン(商品名・テオドール、ユニフィル)は呼吸器系疾患の治療に用いられ、主に喘息や気管支炎など気管支を拡張させる作用があります。
また、茶葉の苦味成分として含まれています。
バルトレックスと併用することで、テオフィリンの血中濃度が高まりすぎて、中毒症状が起こる可能性があるので、併用はお勧めできません。

バルトレックスとお酒との併用は?

バルトレックスとアルコールの併用は基本的には問題ないとされています。
しかし、バルトレックス服用中にお酒を飲むのは止めた方がいいです。
その理由としてはお酒のアルコール成分とバルトレックスの成分が合わさることで効果が半減したり、副作用のリスクが高まりやすくなると言われています。
ですので、バルトレックス服用中はお酒を控えるか、飲む時間帯をずらすなど対策を行いましょう。
アルコール成分とバルトレックスの成分の関係 治療薬は日々、開発されているので、バルトレックスの飲み合わせや併用の最新情報は、医師に相談するといいでしょう。

シェアのほうお願いします!

ヘルペスや帯状疱疹治療にバルトレックス

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。