通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

バルトレックスのジェネリックの効果とは

セントレックスは抗生物質・抗ウイルス剤として用いられている医薬品であり、主に性病や性感染症に対しての治療効果が認められています。
効果効能としてはウイルスDNAがコピーされて増殖するのを阻害し抑制するという内容になっており、ウイルスの増殖を抑制する事によって症状を緩和・治療する事ができます。
そのためセントレックスが用いられるケースとして多くなっているのが、ウイルス感染原因による病気の治療であります。
また水痘や帯状疱疹に対しても適性を持っていることから治療薬として選択されることもあり、傾向としてはヘルペス関連の病気の治療薬として選択される事が多いと言われています。
さらに治療としての効果だけではなくヘルペスの再発予防効果も認められていることから、必要に応じて継続的に服用されるということもあります。
ただしあくまで抗ウイルス剤であることからウイルスに関連した病気には対応する事ができますが、細菌感染が原因による病気に対しての効果はないという欠点を持っています。
そのため、原因によっては他の薬と併用して使用されるということもあるようです。
ほかにも細胞内のカルシウムが損失する作用を防いで血圧を下げると言う効果も持っており、心臓への負担が少ないということから狭心症・心不全といった発作的な症状が起きにくいというメリットを持っています。

そもそもセントレックスとは?

そもそもセントレックスとは何かと言うと、有効成分バラシクロビル塩酸塩とも呼ばれていて1987年に米国グラクソ・スミスクライン社が開発した医薬品です。
主に500mgと1000mgの2種類が販売されており、錠剤の形状で利用されています。
セントレックスはバルトレックスと呼ばれている抗ウイルス剤のジェネリック医薬品として、開発されているため、バルトレックスと全く同じ成分と効果効能を持っているというところが特徴になっています。
ただしジェネリック医薬品は元となった医薬品よりも安価で使用する事ができるという特徴を持っています。
バルトレックスとセントレックスの価格の違い バルトレックスは約3980円から販売されているのに対してセントレックスでは2480円から購入可能です。
現在ではセンチュリオンラボラトリーズ社が開発販売しているジェネリック医薬品として取り扱われています。

セントレックスの服用量はバルトレックスと同じ?

ヘルペスの治療として用いる場合、バルトレックスは5日から10日間の期間で500mgを1日2回服用するようになっています。
再発予防の場合は1年間ほど飲み続ける必要がありますが、500mgを1日1回服用するようになっています。
これらの内容は症状や年齢などによっては多少服用量が調整される事はありますが、基本的には1日1000mgを上限とした服用量が規定されています。
ではバルトレックスのジェネリックであるセントレックスの場合はどうなのかというと、こちらの場合もバルトレックスと同じ服用量で対応する事ができます
つまり1日1000mgを上限として500mgを1日2回服用すれば治療効果を得られると言う事になりますし、再発予防として服用する場合も1日1回服用すれば良いということになります。
飲み続ける期間としても、バルトレックスと同じような期間で使用する事が望ましいと言われています。
セントレックスは特有の成分を持っておらず、その内容はバルトレックスと全く同じだという特徴を持っています。
そのためジェネリック医薬品であるセントレックスだからバルトレックスと服用量を変えるという必要はなく、基本的にはバルトレックスと同じ容量で服用する事ができるのです。
そのため、これまでバルトレックスを服用して治療してきたと言う人の場合、セントレックスも同じように服用する事で同様の治療効果を得る事ができるということになります。
逆に言ってしまえばジェネリック医薬品だからと言って勝手に服用量を減らしたり増やしてしまうと治療効果が得られなくなる可能性がありますし、場合によっては副作用が出現してしまう事があるので注意が必要です。

バルトレックスジェネリックは個人輸入がお得!

基本的にジェネリック医薬品は日本の医療機関でも取り扱いがあるものが多いのですが、バルトレックスのジェネリック医薬品であるセントレックスに関しては現在の日本では認可されていないため医療機関で処方してもらう事ができないようになっています。
薬局やドラッグストアでも販売されていないため、国内での購入は困難だとされています。
そのためセントレックスは処方してもらうのではなく個人で購入するようになっているのですが、国内の医療機関以外でジェネリック薬を入手する場合は海外の通販サイトを利用して購入する事になります。
その中でもお得に購入する事ができるということでおすすめされているのが、個人輸入サイトです。
個人輸入サイトとは自分たちで直接海外の医薬品を購入するのではなく、それらの手続きを代行して商品を取り扱っているサイトの事を指しています。
そのため通常の通販サイトのように利用する事ができますし、直接海外の通販サイトで購入するよりも安全な医薬品を手に入れることが出来るようになっています。
購入価格も海外の通販サイトを利用するよりも安くなっているところが多いので、セントレックスを購入する場合は個人輸入サイトがおすすめです。

セントレックス500mg

セントレックス服用時の注意点

セントレックスを服用する際に注意しておきたいのが、高齢者や腎臓の機能が落ちている人が服用してしまうと副作用のリスクが高まってしまうというところです。
これはバルトレックスも当然同じことが言えるのですが、腎臓機能が落ちてしまっていると薬を体外に排出する事ができなくなってしまうため薬の効果が体内に蓄積されやすくなってしまいます。
そのため作用が過剰に出てしまうということもありますし、特に副作用が出てきてしまう可能性が高くなっているので注意が必要です。
またセントレックスは医療機関を経由せずに自分たちで購入・服用するジェネリック医薬品であるため、バルトレックスを飲んだことがないという人の場合は作用が適切に働くのか不明瞭な部分もあります。
そのため治療する目的で服用したのに治療できないと言う事があります。
これはセントレックスで治療できない病気にかかっていると言う可能性もあるので、服用して5日以内に治療ができていないという状態が見られた場合は医療機関で受診して適切な治療を受ける必要があります。

セントレックスの副作用

セントレックスの副作用は基本的に先発薬であるバルトレックスと同じものが現れるようになっていて、主な症状としては倦怠感・手足のむくみ・排尿障害・精神障害・呼吸抑制・腎機能障害などが代表的なものとして知られています。
いずれも比較的軽度の副作用となっていますし、同じように軽度の副作用として下痢・軟便・腹痛・めまい・皮膚の発疹なども報告されています。
腹痛で苦しむ女性 ただし高齢者や腎臓の機能が低下している人などの場合はこれらの症状が重度の症状として出現する可能性があるので注意が必要ですし、降圧作用があるので低血圧の人が服用すると重度の低血圧症状を起こす場合があります。
またアレルギー体質や胃腸の弱い人の場合も症状が出やすくなっていますし、場合によっては重度の症状に発展してしまう可能性があります。
このような症状が見られた場合や飲むたびに症状が出ると言う場合はセントレックスの服用を中止して、すぐに医療機関で受診する事をおすすめします。

シェアのほうお願いします!

ヘルペスや帯状疱疹治療にバルトレックス

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。