通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

バルトレックスの服用期間

バルトレックスはヘルペスウイルスに有効な治療薬です。
ウイルスが増えるのを抑えてくれる薬なので、発症初期に服用することで、病状を抑えることができ、治癒期間が早まるといわれています。
ヘルペスウイルスによるものとして、水疱瘡、単純疱疹、帯状疱疹があります。
単純疱疹は、口唇ヘルペスや性器ヘルペスです。
ヘルペスウイルスは、疱疹が消え、見た目は治ったように見えますが、神経の中に隠れて、再発の機会を待っています。
疲れが溜まったり、体調が悪くなると口の周りにヘルペスができる、というのはこのためです。
バルトレックスは通常、1日に2~3回の内服でウイルスが増えるのを抑えてくれます。
類似の薬では1日5回服用するものもありますので、バルトレックスは服用しやすいと言えます。
それでは、どのくらいの期間服用すればよいのでしょうか。
服用期間は、帯状疱疹、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水疱瘡それぞれ違います
バルトレックスの服用期間は?

性器ヘルペス

まず性器ヘルペスの場合の服用期間ですが、初期の発症の場合、一般的に1日2回1錠10日間内服します。
また、性器ヘルペスは口唇ヘルペスよりも再発しやすく、その症状に悩まされる人も多いです。
そのため再発予防のために、8週間から最大1年の間、バルトレックスを内服することもあります。
これにより体内のヘルペスウイルスを3分の1程度に減らせると言われています。

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスの場合の服用期間は、1日2回1錠5日間内服します。
バルトレックスは服用した翌日から効果が出始め、3日目にはウイルスの増殖が大きく抑えられるため、症状が消え治ったように感じます。
しかし、完全にウイルスの増殖を止めるためにも、5日間きっちりと内服するようにしましょう。

帯状疱疹

帯状疱疹に罹った場合の服用期間は、1日3回2錠約7日間内服します。
帯状疱疹は発疹が発症する直前に肌がピリピリした神経痛から始まります。
発疹の症状が現れた72時間以内に服用開始すると効果がでやすいです。

水疱瘡

水疱瘡の場合は1日3回1錠約5日~7日間内服します。
大人の場合は、約5日~7日間服用して、小児は約5日間服用します。
水疱瘡は発疹が現れたら48時間~72時間以内に服用すると高い効果が期待できます。
症状がよくなったからと言って、自分自身の判断で内服を止めず、処方された分は飲み切るようにしましょう。



バルトレックスの服用はいつ頃がベストタイミング?気になる方はこちら!

シェアのほうお願いします!

バルトレックスでヘルペスや帯状疱疹を治療

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。