通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

バルトレックス錠500mgを正しく使うには

バルトレックス錠の正しい飲み方を知る女性バルトレックス錠500mgを正しく使うには、事前に医師や薬剤師にお薬の情報を知ることが大事です。
症状が現れた際には、5日以内に使用されることをお勧めします。
バルトレックスに含まれているバラシクロビルは、ヘルペス治療には効果的な成分ですので、早め使用することでウイルスの増殖の予防することができます。
バルトレックス錠500mgはあくまでもウイルスの増殖の予防剤のため、ウイルスが少ない段階で使用される効果的なお薬です。
ウイルスが増殖してしまってからでは、効果は期待できませんので注意してください。
また、ヘルペスウイルスを抑制するには、アミノ酸のリジンを日頃から多く摂取されることや、規則正しい日常生活を送ることが大事です。
規則正しい生活をすることによって、免疫力を保つことができますので、食事、睡眠時間をきちんと取られると良いでしょう。


これら以外では、性器ヘルペスに感染しないためにも、性行為をされる時には必ずコンドームを着用しましょう。
バルトレックスの正しい服用方法はここから!

バルトレックス錠500mgと1000mgの違いは?

バルトレックスには500mgの他に1000mgがあります。
この2つの違いは成分であるバラシクロビルの量が異なります。
バルトレックス500mg錠は1錠500mg配合されて、1箱10錠入っているのに対して、バルトレックス1000mg錠は1錠1000mg配合されて、1箱21錠が入っています。
この2種類は症状によって使い分けを推奨されています。
用法では、単純疱疹や性器ヘルペスの再発抑制にバラシクロビル500mgを使用しますが、治療期間を早めるためにバラシクロビルの量が多い1000mgの方を服用しても治療期間は短くなりません。
きちんとした用法で使用しなければ腎臓に負担がかかり、副作用の危険性もあるので、正しい用法・容量を守りましょう。

バルトレックス500錠とバルトレックス顆粒50%の違い

バルトレックス錠以外に「バルトレックス顆粒50%」があります。
この2つの違いは、形が違うのと成分に含まれている添加物が異なることです。
バルトレックス顆粒のほうは顆粒(かりゅう)と言い、丸くて小さい錠剤のことです。
バルトレックス錠の方は長径が1.85cmと大きく、バルトレックス顆粒 50%の方は錠剤よりも小さいので、子供でも服用可能です。
この2つは服用方法や効果などは変わらないので、大きい錠剤が苦手な人や子供はバルトレックス顆粒50%を選ぶといいでしょう。

ヘルペスや帯状疱疹治療にバルトレックス

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。