通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

口唇ヘルペスとは?他人にうつるの?

口唇ヘルペスに気を付けたい女性の唇口の周りに痛みや痒み、赤みがでたらその症状はもしかしたら『口唇ヘルペス』かもしれません。
口唇ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染した時に症状がでるのですが、実はちゃんと治療をしないと再発してしまうことが多いのです。
今回は、口唇ヘルペスがどんな病気であり、どんな症状が出るのか、また他人に移してしまう可能性はあるのかについて詳しく解説していきます。
また再発予防についても触れますので、繰り返しているという人は参考にしてください。

口唇ヘルペスの原因は?

他の人が使用したタオルを使う女性口唇ヘルペスの原因は単純ヘルペスウイルス1型というウイルスによって引き起こされると言われています。
このウイルスに感染している人とキスや性行為などで接触したり、ウイルスが付着したものに触れることが原因で感染する為、注意が必要です。
特に、すでに口唇ヘルペスを発症している人の患部には大量のウイルスがいる為、同じタオルを使用するだけでも感染してしまう原因になりますので気をつけましょう。
一度ヘルペスウイルスに感染したことがある人は免疫があるかもしれませんが、抵抗力が落ちている時などに接触すると感染しやすいでしょう。
子供の頃にかかったことがある人が大半なのですが、初めてこのウイルスに感染する時、免疫を持っていないことから高熱など全身症状が出ることもあるので注意しましょう。
ほとんどの人は悪化せずに済むようです。
ヘルペスウイルスに感染した後に免疫ができたとしても、再発しやすいのが口唇ヘルペスの特徴とも言えるでしょう。
このヘルペスウイルスというのは感染した後、人間の神経細胞の中に隠れて潜んでしまう潜伏感染タイプのウイルスであり、潜伏している状態の時には特に問題ないのですが、風邪や疲労、ストレスなど免疫力が低下している時に神経細胞から出て悪さをしてしまいます。
また、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を持っている人で肌のバリア機能が低下した時に感染すると重症化しやすいことがわかっています。
原因であるヘルペスウイルスはほとんどの人の体に潜伏している為、免疫力を落とさないことが大切になってきます。

口唇ヘルペスの症状とは?

発症直前の症状
口唇ヘルペスの症状は、口の周辺がチクチクしたり、ムズムズするような違和感から始まります。
中には痛みが生じることもあるようです。
初期症状
その後、半日程度で患部が赤く腫れあがります。
1日~3日程度で患部が赤く腫れあがった後、水ぶくれに変化していくでしょう。
この水ぶくれにはたくさんのウイルスがありますので、破れてしまうと他人に感染してしまう可能性が高い為、触れないように注意しましょう。
回復期
発症から10日~14日程度で水ぶくれがかさぶたになり回復していきます。

治療を開始する時期に適しているのが、患部が赤く腫れあがった時と言われている為、早い段階で開始することが大切です。
また、初めて感染する時には、発熱などの全身症状が出ることもあります。
場合によっては顎の下のリンパ節が腫れてしまい重症化することもある為、様子を見ることが大切です。
また、体調によって状態は異なり、免疫力が落ちている状態の時には悪化しやすいことも理解しておきましょう。
再発をした時には、軽症で済むことが多く回復も早いでしょう。

口唇ヘルペスが再発したらどうしたらいい?

ヘルペスウイルスは一度感染すると神経細胞に潜伏してしまう為、免疫力が落ちた時にチャンスとばかりに活発になるウイルスでもあります。
この潜伏しているウイルスの量により、再発する頻度が異なると言われています。
発症率は約10%で、10人に1人の割合です。
また、口唇ヘルペスが出てきたら体が疲れているサインですので、無理せずにゆっくり休むことが重要です。
免疫力をアップさせることや疲れ、ストレスなどを溜め込まないことが大切になってきます。
また、口唇ヘルペスが出た時には早い段階で適切な治療をすることも大切ですので、クリニックを受診しましょう。

口唇ヘルペスは薬で治す!

口唇ヘルペスを治すため皮膚科で見てもらう女性口唇ヘルペスを治す為には薬を利用するのが一番です。
受診する科は皮膚科が適しているでしょう。
薬を使用して治す方法ですが、基本的には塗り薬や飲み薬が処方されます。
様々な種類がある中から発症の段階や患者の体質によって、適切なものを選択していきます。
口唇ヘルペスに処方される外用薬は、軟膏またはクリームが多く、すでに発症している状態がそれ以上広がらないようにする役割があります。
軽症で再発が頻繁でない場合には軟膏やクリームで治すことが多いようです。
また、皮膚表面の状態だけではなく神経細胞にいるウイルスの増殖を抑える為にはバルトレックスやゾビラックスなど内服薬を服用することが良いとされています。
錠剤や顆粒タイプのものが多いのですが、ムズムズするような状態の時に服用すると回復が早まります。
また、神経細胞に潜伏しようとするヘルペスウイルスの量を減らすことができるので、再発しにくくなるというメリットもあるでしょう。
また、初めて感染した際には重症化しやすいこともあり、免疫不全や基礎疾患がある人、アトピー性皮膚炎の人でカポジ水痘様発疹症を合併した場合に点滴を使用して治すこともあるようです。
口唇ヘルペスの状態、程度により使用する量や服用回数、日数は異なるでしょう。
処方された物に関しては途中でやめることなく服用してください。

口唇ヘルペスに効く食べ物がある?

口唇ヘルペスは免疫力が落ちている時にかかりやすいことがわかっているので、普段の生活を規則正しいものにすることがとても大切です。
また、食事に関しても栄養バランスを考えたメニューを食べることも必要でしょう。
そこで、口唇ヘルペスに効果的な食べ物についてご紹介していきます。

アミノ酸のリジンを多く含む食べ物

口唇ヘルペスに効果的な大豆・肉類・魚介類栄養素としては、リジンが良いとされており、この栄養素が入っている食材として大豆・肉類・魚介類が挙げられます。
リジンを含む食事を摂取することによって、ヘルペスウイルスが栄養としているアルギニンを抑制することが期待できるのです。
このことからもわかるようにリジンが多く含まれた食事を摂取すればヘルペスウイルスの活動を抑えることが出来る為、発症しにくくなります。
具体的にリジンが多く含まれている食材は、かつおぶし、納豆、湯葉、高野豆腐、鶏肉などがあります。
リジンが多く含まれている大豆類や肉類や魚介類などは日常的に摂取しやすい食材ですから、バランスを考えて食べましょう。
偏った摂取の仕方は逆効果になってしまいますので、バランスが大切です。
また食事を抜いてしまうと免疫力が下がってしまいますので、しっかり食べるようにしてください。

アルギニンの摂りすぎは口唇ヘルペスになってしまう?

反対にアルギニンを摂取しすぎると、リジンの吸収を邪魔するのでアルギニンを多く含む食材はなるべく抑えたほうがいいでしょう。
具体的に、アルギニンが多く含まれている食材は、ナッツ、チョコ、豚のゼラチン、エビなどがあります。
アルギニンを過剰摂取しないためにもリジンとのバランスが大切です。
体内のリジンの量はリジン:アルギニン=4:1以上であることがよいとされています。

かさぶたになったらどう対処すればいいの?

かさぶたになったときの対処法を考える女性口唇ヘルペスが治りかけてくると水ぶくれがかさぶたになってきます。
これはもうすぐ治るサイン。
つい触ってしまいたくなりますが、できるだけ触らないようにしてください。
まだ完全に治っている状態ではありませんから、ちょっとした傷からでも手についた菌が侵入し悪化させてしまうことがあります。
かさぶたに刺激を与えることで傷の状態を悪化させてしまいますので、触らないように気をつけましょう。
また、剥がすのは絶対にやめてください。
口元にあるので気になってしまいますが、触らない・剥がさないを徹底しましょう。
また、かさぶたの状態になるともう治ったと勘違いをして、軟膏やクリームを塗らなくなってしまう人がいますが、勝手に判断して塗るのをやめないようにしてください。
状態が改善してきても最後まで塗り続けることが必要です。
かさぶたの下ではまだヘルペスウイルスが活動していることを忘れてはいけません。
傷口が完治するまでしっかり塗り続けましょう。
口唇ヘルペスの予防には、リジンを多く含んだ食べ物を摂取すること、疲れやストレスを溜め込まないことが大切です。
また口唇ヘルペスを発症してしまった時には、早期から治療を開始することが良いとされています。
最後まで治療をすることも大切です。

ヘルペスや帯状疱疹治療にバルトレックス

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。