通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

口唇ヘルペスにはバルトレックス

口唇ヘルペスの症状にはバルトレックス口唇ヘルペスは単純疱疹の一種で、症状が口唇に出た時にこの病名で呼ばれます。
大人がこの病気にかかった時に見られる症状は、初感染か再発かで症状の出方の強さに違いがあり、一般的には初感染の時の方が重く、再発時の方が軽症である場合が多くなっています。

口唇ヘルペスに初感染した場合(大人)
まず口の周りや唇に痛みやかゆみが起こった後、3ミリから5ミリ位の大きさの水ぶくれが出来て、かゆみを感じるといった症状が出ます。
水ぶくれが出来ている時期には、熱が出たり倦怠感があるといった全身症状を伴うこともあり、あごの下のリンパ節が腫れたり、頭痛を起こす人もいます。
口唇ヘルペスに再発した場合(大人)
始めに唇や口の周りに、ピリピリしたりチクチクするといった感じや、かゆみ、火照った感じなどがあらわれます。
その違和感やかゆみなどがあってから半日以内には患部が赤く腫れてきて、1日から3日経つと腫れた所に水ぶくれが出来ます。
この時は発熱などを同時に起こすこともあり、そのような状態が1週間ほど続いた後、患部にかさぶたが出来て、数日で自然に治るといった流れになるケースがよく見られます。

自然に治った場合、ヘルペスウイルスは体内にまだ潜んでいるので、ストレスや免疫力の低下により再びヘルペスウイルスが活発になり、再発のケースも考えられるので、ヘルペス治療薬のバルトレックスでウイルスの増殖を防ぐことが重要です。

バルトレックスの用法容量(口唇ヘルペス)

バルトレックスを病院で処方した場合、バルトレックス500mgを1日2錠の5日分(合計10錠)処方されます。
5日間きちんと飲み続けなければ、効果が発揮されないので、飲み忘れには気をつけましょう。
バルトレックスは食事の影響がないので、いつの時間帯でも服用できますが、飲み忘れをしないために朝と夕の1回ずつ食後に服用するといいでしょう。

口唇ヘルペスには子供に多い?

子供の口唇ヘルペスは大人と少々異なります。
1歳から3歳の乳幼児に多いのが、ヘルペス性口内炎です。
別名ヘルペス性歯肉口内炎とも呼ばれ、単純疱疹の一種です。
ほとんどの乳幼児が初めてのヘルペス感染で、主な症状は高熱が2日から5日ほど出て、口内炎ができるのが多くなります。
また、歯茎が炎症して腫れあがるので、食べ物や飲み物を取るのが困難です。
感染の多くは、接触感染がほとんどで家族のヘルペス感染者から感染したり、幼稚園や保育園からの接触感染によってうつる場合があります。
治療薬にはバルトレックスが挙げられますが、乳幼児には錠剤タイプは使用できないので、病院で顆粒タイプのバルトレックスを処方してもらいましょう。
その際には水分を多く摂り安静にしていれば1~2週間ほどで治ります。

シェアのほうお願いします!

ヘルペスや帯状疱疹治療にバルトレックス

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。