通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

帯状疱疹とは?原因と治療法

帯状疱疹とはウイルスに感染することによって起きる皮膚病のひとつで、帯のように疱疹(水ぶくれ)の集合体が現れることが由来とされています。
水疱瘡と同じウイルスが原因で発症する事から同じものだと勘違いされやすいのですが、水疱瘡と違って他人に感染するということはほとんどありません。
また水疱瘡が沈静化してから再発したものが帯状疱疹となっているため、この2つの病気は一般的に異なるものとして取り扱われています。

帯状疱疹の原因とは?

帯状疱疹の原因について考える女性帯状疱疹の原因は水痘・帯状疱疹ウイルスというウイルス感染によるものだとされており、基本的にはそれ以外の原因で帯状疱疹になると言う事はほとんどないと言われています。
ただし水痘・帯状疱疹ウイルスに感染してすぐに帯状疱疹となるわけではなく、初めてこのウイルスに感染した場合には水疱瘡として発症します。
そして水疱瘡に感染するとウイルスは身体の神経節に潜伏し、水疱瘡が完治したとしても神経節に潜伏したウイルスは体内に残り続けた状態になります。
このウイルスは体の免疫力や抵抗力が一定以上認められる場合は発症する事はなく、そのまま潜伏した状態が長期間続く事になります。
その後何らかの原因で体の免疫力や抵抗力が低下することによってウイルスが活性化し、そこから初めて帯状疱疹が発症すると言う仕組みになっています。
そのため水疱瘡に感染する原因としては水痘・帯状疱疹ウイルスとなっているのですが、その後帯状疱疹として発症する原因としては免疫力や抵抗力の低下が要因であるとされています。
免疫力や抵抗力が低下する要因としてはストレスや疲労によるものが挙げられているほか、老化によるものや手術・放射線照射などが挙げられています。
このため帯状疱疹を発症するきっかけとしては水疱瘡が大きな誘引と考えられているのですが、水疱瘡にかかった人全員が必ず帯状疱疹を発症するわけではなく、あくまで発症する可能性が高くなっていると考えられています。

帯状疱疹の発症部位は?

帯状疱疹の症状の特徴として言われているのが、「体の左右どちらかの片側のみに現れる」という点です。
これは水痘・帯状疱疹ウイルスが潜伏する神経節が体の左右に分かれているためであり、全身に症状が現れると言うケースはほとんどないと言われています。
首のあたりを気にする女性主な発症部位として言われているのが「胸から背中にかけた部分」が最も多く、それ以外にも頚部や首、腕などの上半身に見られる傾向が強いです。
ほかにも可能性としてはそこまで高くはありませんが腹部や下半身などにも見られる場合がありますし、顔面や頭部にも現れやすいとされています。
特に顔面の場合は目の周囲に発症することが多くなっており、基本的に全身に発症するのですが上半身が中心となっています。

初期症状

初期症状としてはまず神経痛のような痛みから始まる事がほとんどで、その時点では皮膚に炎症などの症状が見られていないため単純な神経痛と判断される事がほとんどです。
その後痛みを感じる部分に虫に刺されたような赤い発疹が見られるようになり、複数の水ぶくれが帯のように複数の集合体として現れるようになります。
痛みに関しても人によっては全く感じないということもあるのですが、夜も眠れないほどの激痛に悩まされるという場合もあります。
さらに神経を刺激される事から頭痛を併発すると言う人も多く、特に顔面に症状が見られる場合は激しい頭痛を伴う事が多いと言われています。

再発はあるの?

帯状疱疹は一度発症するとその後生涯再発する事はないという特徴を持っていて、再発する可能性は100人から200人に1人程度だとされています。
また再発したとしても同じ箇所に起きるのではなく、違う箇所に症状が見られることが多いようです。

帯状疱疹にかかりやすい年代は?

帯状疱疹にかかりやすい年代の男性帯状疱疹は免疫力や抵抗力が低下することによって発症するため、かかりやすい年代としても免疫力や抵抗力が落ちてくると言われている50代から70代が多いと言われています。
また10代や20代の場合でもストレスや疲労などが蓄積している場合は発症する可能性が高くなっており、これらの年代に見られる特徴としては「小さな子供との接触の機会が少ない」というところが挙げられています。
帯状疱疹の前身である水疱瘡は小さな子供が発症することが多くなっており、小さな子供と接触する事が多い年代の場合は感染に対する免疫を高める事ができます。
ですが小さな子供との接触が少ない年代の場合は免疫を獲得する事ができなくなるため、結果的に帯状疱疹を発症しやすくなっていると考えられているのです。
ちなみに30代から40代の場合は発症するリスクが下がっており、子供との接触が多かったことで親の免疫力が強化された年代であるという特徴が見られています。

帯状疱疹の治療法とは?

帯状疱疹の治療方法としては主に、抗ウイルス剤などの薬を使ったウイルスの抑制が基本となっています。
代表的な治療薬としては内服薬のバルトレックスやゾビラックスが挙げられており、発疹が出て3日以内に服用する事によって症状を緩和する事ができます。
バルトレックスの画像 服用期間はゾビラックスの場合は7日から10日間程度バルトレックスの場合は7日間程度が基本です。
またウイルスの抑制を行なうのと同時に、症状のひとつである痛みの緩和も治療のひとつとして重要なポイントになっています。
こちらに対してはカロナールなどを初めとした消炎鎮痛剤が用いられる事が多く、痛みをコントロールする事によって発疹の完治後に痛みが残る後遺症も予防することができます。
さらに水ぶくれがつぶれてしまうと傷の治りが遅くなってしまうため、症状が軽度だった場合に限りますが皮膚と水ぶくれの保護の名目で塗り薬が処方されることもあります。
塗り薬の種類としてはビダラビン軟膏(アラセナ-A軟膏)やアシクロビル軟膏(ゾビラックス軟膏)が代表的であり、いずれも7日間程度の使用が基本となっています。
ただし塗り薬の場合は市販のステロイドを使用すると状態が悪化してしまう可能性があるため、必ず病院で処方されたものを使用する必要があります。

痛みが引かない場合は帯状疱疹後神経痛かも!

基本的に帯状疱疹は正しく治療する事によって治癒するのですが、水ぶくれなど皮膚の状態が落ち着いたのにも関わらず痛みだけが続くと言う場合もあります。
このように帯状疱疹そのものは治癒したのに痛みだけが引かない状態は帯状疱疹の後遺症であり、帯状疱疹後神経痛と呼ばれています。
神経痛に悩まされる女性 症状としては基本的に痛みが主であり、その程度には個人差があるのですが人によっては夜も眠れないほどの激しい痛みを伴う事があります。
それに伴って感覚が麻痺してしまうということもあり、日常生活に支障をきたしてしまう可能性もあるので注意が必要です。
このような帯状疱疹後神経痛などの後遺症は誰もが発症すると言うわけではなく、主に免疫力や抵抗力が落ちてしまっている人がかかりやすいという特徴を持っています。
そのためかかりやすい人の傾向としては高齢者が最も多いと言われていますし、それ以外にもストレスや疲労など免疫力や抵抗力が落ちやすい環境の中で過ごしている人はかかりやすくなっているようです。
また発症してから3日以内に抗ウイルス剤を服用しなかった人も、後遺症にかかりやすいので早期の治療が重要です。
帯状疱疹後神経痛の治療としては鎮痛剤の使用や神経ブロック療法が有効であり、痛みのコントロールが中心となっています。

ヘルペスや帯状疱疹治療にバルトレックス

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。