通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

性器ヘルペスとは?原因と治療法

性器ヘルペスとは性器やその周辺に水泡が出来、やがて破れて傷を形成する病気です。
原因は帯状疱疹と近縁のヘルペスウィルス感染によります。
症状としては傷やその周辺の痛みが中心ですが、男性女性によって病状経過は異なる側面があります。
性交や性的接触行為をきっかけに感染が広がりますが、ウィルスを含んだ体液の接触によっての感染もありえるので注意が必要です。
治療方法は抗ウィルス薬入りの軟膏や内服薬の服用が中心になります。

性器ヘルペスが発症する原因は?

性器ヘルペスの原因ウィルスは主に単純ヘルペスII型の場合が多いですが、口唇ヘルペスを惹起する単純ヘルペスI型によって発症することもあります。
性器ヘルペスの感染経路は主に性行為によって、病変部に接触することによって感染します。
性行為中のカップル
感染者の性器に生息しているウィルスが、相手の性器粘膜表面や接触により出来た周辺部の細かい傷などに付着することで病気は広がっていきます。
性器にヘルペスウィルスが存在しなくても、口唇ヘルペスに感染していると唾液が性器に付着することによっても性器ヘルペスを発症することがあります。
口唇ヘルペスが感染症であるとの知識を持っていれば、水泡などの病変が出ている状態では相手方への感染を防止するため性的接触を回避するインセンティブが働きますが、通常は健康に問題が無ければ自覚が無いため相手方を感染のリスクに曝す恐れがあります。
パートナーへの感染の約7割は、自覚症状が無い期間の性行為が原因ともされています。
性器ヘルペスは空気感染や飛沫感染はしませんが、ウィルスを含んだ体液と性器に接触があると感染する可能性は否定できません。
特に性器ヘルペスの症状が出ている状態では、尿などを通じて体外に大量のウィルスが排出されています。
ウィルスがついたタオルや座椅子式便座を経由して性器ヘルペスの感染が拡大する恐れがあるので、発症中タオルは別にしたり、消毒薬で便座を使用の都度除菌することも検討する必要があります。

女性の場合どんな症状が現れる?

性器ヘルペスに悩まされる女性
性器ヘルペスの特徴の一つに性別によって症状の出方が違うという事実があります。
女性の方が比較的重度化しやすいと言われています。
女性が性器ヘルペスに感染すると膣の入り口、外陰部などの性器の表面やお尻周辺などの体表部に出るのはもちろんですが、膀胱や子宮頸部(膣の奥で子宮の入り口)などの体の内部にまで病変が及ぶこともあります。

初発

体表面の初発症状としては小さなポツポツが観察されるようになり、水ぶくれになります。
この水泡はウイルスを大量に含んだ体液で充たされており、この体液に接触すると2次感染につながります。

再発

初発した後に再び症状が現れて再発することがあります。
再発する理由としては月経や疲労などストレスが起因して再発してしまいます。
初発と比べると痛みやかゆみが少ないのが特徴です。
女性の性器ヘルペスでは特に排尿時に強い痛みを伴うことが多く、排尿困難になる場合もあります。
同時にソケイ部(足の付け根)のリンパ節に有痛性の腫大を伴います。
排尿時の痛みは膀胱などの骨盤器官内への感染の拡大を示唆させる症状です。
骨盤内には膀胱や直腸、子宮などの臓器がひしめき合うように存在しているため、一部の臓器に感染症が発症すると周辺の臓器にも影響を及ぼすことがあります。
このような特性を背景にして女性の場合、重症化が見られるようです。

男性の場合どんな症状が現れる?

性器ヘルペスに悩まされる男性
男性が性器ヘルペスに感染した場合、女性に比べて症状は比較的軽いと言えます。
男性の性器ヘルペスは感染後、亀頭や包皮、陰茎大部等の男性性器を中心にお尻周辺に症状が出てきます。
潜伏期間は男性も女性も同様ですが4日から10日前後経って、始めは男性性器などにムズムズした不快感や掻痒感を感じることからはじまります。
その後、赤いぶつぶつが出来た後、熱感やヒリヒリした疼痛が連鎖して潰瘍になります。
局所的にはこのような経過を経ますが、同時に発熱や全身倦怠感(全身のだるさ)やリンパ節のはれなどの全身状態の変化も伴うことがあります。
これらは全体で3週間から4週間程度の期間経過を辿ることが多いようです。

初発

初発の方の場合痛みや痒みが強く出る場合があり、おしりや太ももなどにも異変が波及することがあります。

再発

一度症状が消滅しても、1ヶ月から12ヶ月後に同一場所に性器ヘルペスが再発する場合があります。
再発してしまう理由としては、腰仙骨神経節(腰の辺りの神経が集まっている場所)の神経細胞の中に性器ヘルペスウィルスが休眠状態で存在しているためです。
疲労や不規則な生活で免疫力が低下すると、性器ヘルペスウィルスが活性化し再発をしてしまいますので注意しましょう。

性器ヘルペスを治す方法は?

性器ヘルペスの治療はウイルス自体に対するものと、痛みや熱感などへの対処が中心になります。
一度感染して体内に侵入を許すと、根絶させることは現在の医療水準でも不可能です。
そこで性器ヘルペスにはウィルスの増殖を抑制する薬が治療の中心になります。
初発で全身状態が悪化して、排尿困難や痛みが強い女性のヘルペスでは入院して、ウィルスを抑制させる点滴注射が必要な場合もあります。
そこまで重症化していない場合には内服型の抗ウィルス薬を服用することになります。
内服型の抗ウィルス薬を紹介する医師
一連の治療をすれば病状は収まりますが、再発することが多く、1年以内に同様の病変が出現することがよくあります。
ただし、再発時の症状は軽く済むことが多く治癒するまでの期間も短くなるようです。
水泡などの前駆状態の段階で治療を開始すれば早期に治癒するとされており、抗ウィルス薬配合軟膏や内服薬による治療となります。
一方、年6回以上の頻繁に再発を繰り返す場合には、病状が出る前に病状を抑える「再発抑制療法」を提案される場合もあります。
特定の抗ウィルス薬を継続的に服用する治療法です。
性器ヘルペスは適切に治療すれば早期に病状は治癒しますが、体内から根絶することは出来ません。
肉体的疲労や精神的ストレスをうまく解消して再発を繰り返さないことが大事です。

ヘルペスや帯状疱疹治療にバルトレックス

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。