通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

性器ヘルペスにはバルトレックス

性器ヘルペスの症状にはバルトレックス単純ヘルペスウィルスによって感染する性感染症のことを性器ヘルペスといい、性行為により、ヘルペスに感染している病変部に触れることで感染します。
性器ヘルペスのウィルスには、顔や口唇などに発生するHSV-1ウィルスと、性器に発生するHSV-2ウイルスの2種類があり、口の周辺に症状があらわれたときは口唇ヘルペスと呼ばれ、単純疱疹ともいうこともあります。

性器ヘルペスの症状
性器ヘルペスの症状は、男性の場合は、ペニスの周辺やお尻のあたりにブツブツが出来ることが多く、女性の場合は膣のあたりやお尻に出来たり、子宮頚部にまで吹き出物が出来ることもあります。
またそれほど多くはないものの、太ももや肛門にまでブツブツが発生することがあるので厄介です。
性器ヘルペスに感染した直後は、2~10日間ほどの潜伏期間を経てから、38度以上の高熱が出るので、最初のうちは風邪かインフルエンザを疑う人もいます。
それから感染部位に痛みやかゆみを感じるようになったり、水ぶくれになりますが、しばらくすると潰れて、皮膚がただれてしまいます。
女性は強い痛みを感じる人が多いので、排尿が困難になってしまうこともあるので、早めに薬で治療しなければなりません。

ヘルペスウィルスの増殖を抑えたいときは、バルトレックスのような抗ウィルス薬を用いるのが推奨されています。

バルトレックスの用法容量(性器ヘルペス)

病院でバルトレックスを処方された場合、初めての感染のパターンと再発のパターンでは服用方法が異なります。
初めて感染した場合の処方量はバルトレックス500mgを1日2錠の5日間から10日間分(合計10錠~20錠)を服用します。
再発をした場合の処方量はバルトレックス500mgを1日2錠の5日間分(合計10錠)を服用します。
また、再発の頻度が1年で6回以上の場合は再発抑制療法が必要です。
再発抑制療法の容量はバルトレックス500mgを1日1錠の約2ヶ月から1年間服用し続けます。

性器ヘルペスの再発と抑制療法

一度治っても、再発しやすいのが性器ヘルペスの特徴ですが、その場合は小さな水ぶくれが出来るだけなど、軽い症状で治まることがほとんどです。
再発する原因はストレスで再発する精神的要因と、疲れや女性の場合は月経など免疫力が低下することで再発する肉体的要因が挙げられます。
性器ヘルペスは神経節の奥深くに潜んでいるので、精神的要因と肉体的要因によって、再び活発になることで再発します。
再発治療にはバルトレックスが使われますが、中には何度も再発する人がいます。
そういった人には「再発抑制療法」が推奨されていています。
再発抑制療法は免疫正常者の場合に限り、1年の間に6回以上再発する人を対象に、毎日バルトレックスを1日1錠服用することでヘルペスウイルスの増殖を防ぐ、再発率を下げる、性行為時にパートナーに感染するのを予防できる療法です。
この再発抑制療法は決まった治療期間の制限がなく、病院で再発抑制療法を受ける場合は1年間を服用し続けて、その後に継続するか医師が判断します。
再発抑制療法は長期間服用し続けるので、腎臓に障害がある方や高齢者は注意する必要があります。

シェアのほうお願いします!

バルトレックスでヘルペスや帯状疱疹を治療

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。