通販で購入できる性病治療薬バルトレックスの購入はこちら

水疱瘡の症状と治療法

水疱瘡とは水疱瘡・帯状疱疹ウイルスというヘルペスウイルスの一種への感染が原因で起きる皮膚の炎症で、急性熱性発疹症とも呼ばれています。
水疱瘡の疑いがある男の子
主に子供がかかることが多いと言われていて、一見すると症状が風邪と似ていることから初期症状であまり水疱瘡とは気付かれにくいという面もあります。
また、感染力が強いので、放っておくと家族を中心としてどんどん多くの人たちに感染してしまうので、正しい知識を持って対応することが大切です。

水疱瘡の主な症状とは?

水疱瘡は発症初期から回復期まで症状が異なります
経過時間と共に見ていきましょう。
水疱瘡の症状について説明する女性

初期症状

まず、水疱瘡は感染してからおよそ2週間後に発症すると言われていて、それまでの期間は潜伏期間とされており、症状が出てくることはほとんどありません。
なので、この期間で感染に気付くことは難しいと言われており、多くの人が感染に気付く初期症状として現れるのが皮膚の表面に見られる赤く小さな発疹です。
これは主に体の中心部分に見られることが多く、症状が進行してくると発疹が発生する場所は変わらないまま、発疹が盛り上がった丘疹(きゅうしん)と呼ばれるものに変化していきます。

発症中

そして発症のピーク時である数時間後には水ぶくれのような水疱になり、それと同時に強い痒みの症状を訴えるようになります。 注意点としては水ぶくれ状態の時に掻き毟って水ぶくれを破ってしまうと、中に含まれている浸出液が原因でウイルスがばら撒かれてしまうということです。
この時期は感染力も非常に高くなっており、水ぶくれが破れて液があちこちに付くことが感染拡大の大きな原因となりやすいので注意が必要です。
水ぶくれ状態は3日から4日ほど続くのですが、その後は徐々に水ぶくれがかさぶたに変化していきます。

回復期

ここからは回復期となっており、全ての水ぶくれがかさぶたになると感染力もなくなりますし、症状も落ち着いてくることがほとんどです。
ただし全ての水ぶくれがかさぶたになるまでには1週間ほどかかると言われていますし、かさぶたが取れてなくなるまでには約3週間ぐらいかかるとされています。

水疱瘡は大人でもかかるの?

水疱瘡は主に乳幼児などの小さな子供が感染する病気だと言われていて、その年代の子供が発症する原因も、免疫力が弱い・低いことが理由だと考えられています。
ですが、実は最近では子供だけではなく大人も水疱瘡に感染するということが増えてきており、更に子供よりも重症化しやすい傾向があるため注意が必要です。
子供と触れ合うお母さん
大人が水疱瘡を発症する原因として、小さな子供がいる場合は子供から感染してしまうというケースが多いとされています。
特に水疱瘡のウイルスは感染力が非常に高いため、ある程度の免疫力を持っている大人でも発症する可能性が高いです。
そのため、小さな子供を抱えている家庭の場合は特に気をつけておかないと家族全員が発症してしまうというケースも少なくありません。 ほかにも子供が近くにいなかったとしても、ストレスや睡眠不足・食生活の乱れなどの生活習慣の乱れが原因で免疫力が低下してしまっている場合は、感染のリスクが高くなっています。
むしろ子供が近くにいない生活を続けている場合には、水疱瘡に対しての免疫力が働きにくくなっているので、子供が近くにいる人よりも感染しやすく、加えて重症化しやすくなっているという問題もあります。
このように大人の場合は、感染源が近くにいることや免疫力の低下が関連していると言われていて、最悪の場合は合併症を引き起こしてしまうこともあります。
そのため感染してしまった場合は、すぐに病院で治療を始めることが重要です。

感染経路はどこから?人にうつるの?

水疱瘡の主な感染経路としては3種類挙げられていて、「飛沫感染」「空気感染」「接触感染」があります。

飛沫感染

飛沫感染とは簡単に言ってしまえば水疱瘡に感染している人のくしゃみや咳などが原因となって感染する経路のことで、くしゃみや咳の中にウイルスが混じっていることから他の人に感染してしまうというものです。

空気感染

飛沫感染から派生しているのが空気感染で、くしゃみや咳で空気中に撒き散らされてしまったウイルスを吸い込むことによって感染してしまうという経路です。
こちらは近くに感染している人がいなかった場合でも、しばらく空気中に蔓延してしまっているので、知らずにウイルスごと吸い込んでしまって感染してしまったということも多いです。

接触感染

さらに派生したものが接触感染で、ウイルスが付いた手やタオルで口を拭くなどウイルスが付着している部分に触れてしまって、その手で口や鼻などに触れることでウイルスを吸い込んでしまうという感染経路です。

このように感染経路としては3種類あるのですが、いずれの場合も水疱瘡のウイルスは感染力が非常に高くなっているので、すれ違っただけでも感染するリスクがあると言われています。
なので、簡単に人にうつってしまうので、感染している人や身近にいる人たちは普段の生活の中で感染を拡大させないように注意しなければいけません。

水疱瘡でお風呂は入っても大丈夫?

水疱瘡は色々なところから感染するリスクがあるほか、感染期間がピークに達している時には痒みも酷いので、日常生活では色々と気をつけなければいけない部分が増えてきます。
その中のひとつが入浴で、皮膚を清潔にしておかなければいけないということで、お風呂につかりたいという人も少なくありません。
お風呂の画像
ですが、お風呂に入ってしまうと体が温まってしまい、それによって痒みが酷くなってしまいます
痒みが酷くなると水ぶくれを掻き毟って感染を広めてしまうリスクがあるので、水泡が出来ている間は特にシャワーなどで済ませるようにすることが大切です。
またお風呂に入ってしまうと雑菌や細菌が侵入して症状が悪化してしまうこともあるので、衛生面からもお風呂に入ることはおすすめされていません。

水疱瘡の治療法

では、水疱瘡になってしまった場合の治療方法としてはどうするのかというと、基本的に病院での薬を使った治療が中心となります。

飲み薬

病院で処方される薬の種類としては、体内でウイルスが増えるのを防ぐための抗ウイルス剤としてアシクロビル(ゾビラックス)と塩酸バラシクロビル(バルトレックス)が代表的な薬として使用されています。
飲み始めてもすぐに効果は発揮されないことが多いのですが、自己判断で中止しないように継続することが大切な薬です。
また、痒みを和らげるために抗ヒスタミン剤が処方されることも多いですし、もしも水ぶくれが化膿してしまった場合もしくは化膿を予防する必要がある場合は、化膿止めとして抗生物質が処方されることもあります。
いずれも飲み薬として処方されるもので、子供用の場合は飲みやすいようにドライシロップとして処方されることもあります。

塗り薬

また、塗り薬としてはフェノール亜鉛華軟膏というものがあり、こちらは痒みや炎症を抑える効果のほかにも水ぶくれがつぶれないように保護すると言う効果もあります。
特に小さい子供の場合は痒みが我慢できずに掻き毟ってしまうということも多いので、軟膏で水ぶくれを保護しながら治療をするということが大切です。

水疱瘡の跡は一生残るの?

水疱瘡は早期発見と適切な治療によって治すことができるのですが、人によっては水疱瘡の水疱が治った後に水ぶくれの跡が残ってしまう場合があります。
この跡は意外と目立ってしまうため気にしてしまう人も多く、小さい跡であれば徐々に消えていきますが、大きく陥没が深いものになってくると一生残るということもあるようです。
そのため、水疱瘡の跡を残さないように対処することが重要で、そのためには「症状が酷くなってしまった時にどのように対応するのか」がポイントです。
爪を切る人の手
例えば、痒みが酷い場合はつい掻き毟ってしまうことも多いのですが、掻き毟ってしまうと跡が残りやすいという傾向があります。 そのため、痒くても我慢するため、爪をこまめに切って水ぶくれを破らないようにする・手袋をする・こまめにフェノール亜鉛華軟膏を使うなどの対処が必要です。
また、治療を始めるのが遅くなってしまうとその分跡が残りやすくなっているので、疑わしい場合は、すぐに病院で診断を受けるようにしたり、そもそも水疱瘡に感染しないように予防注射を打っておくという対策も重要です。

ヘルペスや帯状疱疹治療にバルトレックス

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは通販で購入することが出来ます。恥ずかしいから病院に行きたくない、人にバレたくない、そんな方は下記から通販購入をお勧めします。